留袖と訪問着の違いとは。高く売れるのはどっちか比較!

留袖,訪問着,違い

留袖と訪問着は、共に、フォーマルシーンで着る華やかな着物です。

 

では、この留袖と訪問着の違いとはどんなものなのでしょうか。

 

又、留袖と訪問着は、買取業者に売った場合、高く買い取ってもらいやすい着物でもあります。

 

では、留袖と訪問着では、どちらが高く買い取ってもらえるのでしょうか。

 

留袖と訪問着の違いについて

留袖,訪問着,違い

まず最初に、留袖と訪問着の違いについてお話していきたいと思います。

 

留袖と訪問着は、共にフォーマル用の着物ですが、実はこの2つは格が違います。
留袖は、着物の中では最高の格になりますが、訪問着の格は、それに準ずるものです。

 

しかも、留袖には、「黒留袖」「色留袖」の2種類があり、この2つも格が違います。
黒留袖は最高の格ですが、色留袖は黒留袖よりも格が1つ下がります。

 

そのため、着物の格は上から順に、「黒留袖→色留袖→訪問着」の順になります。

 

着ることができる人も違います

留袖,訪問着,違い

又、留袖は、既婚女性のみが着ることのできる礼装着物です。

 

例えば、結婚式で、新郎新婦の母親や祖母・既婚の親族などが、黒い着物を着ている光景を見かけますね。
これは、結婚式という式典の場なので、既婚女性が皆、留袖という礼装を身に着けているということを意味します。

 

ちなみに、未婚女性の場合は、留袖ではなく、振袖を着ることになっています

 

一方、訪問着は、既婚・未婚問わず、全ての女性が着ることのできる準礼装着物です。
留袖を着るほどでもない場合、訪問着を着て行けば、失礼になることはまずありません。

 

例えば、フォーマルなパーティーに招待された時などは、訪問着で行けば大丈夫です。
但し、パーティーの主催者であった場合は、礼装の留袖を着ることも多いようです。

 

ちなみに、留袖と訪問着の共通点は、「帯は、袋帯を締める」という点です。

 

留袖用の帯・訪問着用の帯というものはなく、その着物のデザインに合う袋帯なら、どんなものでも大丈夫です。

 

留袖と訪問着、高く売れるのはどっちか比較してみた

では、留袖と訪問着を買取業者に売った場合、どちらが高く売れるのでしょうか。

 

留袖の買取相場について

留袖,訪問着,違い

まずは、留袖の買取価格の相場について見ていきたいと思います。

 

まず黒留袖の場合はほとんど値がつかないようです。
今は結婚式などに黒留袖を着る方は減りましたし、レンタルで済ませる方も多いです。
そのため、買取をしても、その後販売するのが難しいというのが大きな理由のようです。

 

ただし、色留袖の場合は状態が良ければ、購入から数年が経過していても、1万円くらいの値段がつくようです。
又、購入から1年未満で、ほとんど未使用同然の場合は、2〜3万円くらいの値段に上がると言われています。

 

更に、人間国宝のような作家が作った留袖や、有名産地の留袖は、もっと高値がつきます。
場合によっては、5万円以上10万円前後の買取額になることもありますよ!

 

但し、この場合は、作家の名前や産地を証明するための証紙のような書類が必要です。
売りに出す時は、証紙を必ず一緒に添付して売るようにしてくださいね。

 

訪問着の買取相場について

留袖,訪問着,違い

では次に、訪問着の買取価格の相場について見ていきましょう。

 

訪問着の場合は、買取価格がかなり違ってくるようで、0円になることもあります。
例えば、ポリエステルなどの化繊のものは、残念ながら、値段がつかないようです。
訪問着は、正絹(シルク100%)であるからこそ、市場価値が高くなるという側面があります。

 

逆に言えば、正絹で、状態が良いものであれば、納得の買取額がつくとも言えます。
状態が良いものであれば、1万円以上3万円台前後の値段がつくようです。

 

状態があまり良くないものや、人気のなさそうな絵柄のものだと、数千円になることが多いようです。

 

又、留袖同様、有名作家や有名産地のものの場合は、5万円以上10万円前後の買取額になるケースもあります。

 

これらのことから考えると、買取額が比較的高いのは留袖かもしれません。
買い取ってもらえた場合の値段は、2つ共同じくらいの値段です。

 

でも、訪問着の場合は、買い取ってもらえないケースも少なくありません。
そのため、留袖の方が、買い取ってもらえるチャンスも、買取額も高いと言えるでしょう。

 

まとめ

留袖,訪問着,違い

留袖は既婚女性のみが着ることができる、最高級の格の礼装着物です。
黒留袖・色留袖の2種類がありますが、黒留袖の方が格が上になります。

 

一方、訪問着は、既婚・未婚問わず、どんな女性でも着ることができる準礼装着物です。
留袖と訪問着を売りに出した時、買い取ってもらえた場合の値段相場は、大体同じくらいです。

 

でも、訪問着の場合は、ものによっては値段がつかないことも多いようです。
そのため、留袖の方が、買取額・買い取ってもらえるチャンス共に高いかもしれません。

 

トップページ:留袖の買取の詳細はこちら>>