留袖買取で気をつけたいこと!家紋入りでも売れるの?

留袖,買取

留袖買取で高く売る方法について知りたいけど、それ以前に留袖が売れるのかということが気になっている方も多いのではないかと思います。

 

それもそのはずです。

 

留袖というのは着物の中でも一番格が高い第一礼装として購入されることが多いですが、家紋が入っていることが一般的です。

 

家紋はその家を示す印ということになるので、当然ながら他の人がその家紋をつけるというのは少しおかしな気がします。

 

よって、家紋の入っている留袖を売ること自体が中々難しいのではないかと考えるのが自然ですね。

 

ですが、家紋が入っている留袖でも、決して売れないということではないんです。

 

家紋の入っている留袖を高く売る方法も確実にありますので、このページで詳しく解説していこうと思います。

 

家紋入りの留袖の買取で時に気をつけたいこととは?

留袖,買取

 

まず、留袖には既婚女性が着る黒留袖と、独身女性も着る色留袖があり、家紋を入れることが一般的です。

 

黒留袖は背中心・後ろ両袖・前両胸に五つ紋が入っています。

 

色留袖も黒留袖同様五つ紋を入れれば黒留袖と同じランクとなってフォーマル度が高くなりますし、

 

五つ紋の他にも、背中心・後ろ両袖に三つ紋、背中心のみに一つ紋を入れれば略式と呼ばれ、格式の高い祝賀パーティー、正式な茶事などセミフォーマルな場で着ることも出来ます。

 

このように家紋が入っている留袖を売ることは出来るのでしょうか?

 

これに対する答えはずばり、売却先を選べば家紋が入っている留袖も問題なく売れます

 

特に黒留袖には必ず家紋が入っているため、売れないのではないかと心配される方が多いかもしれませんが、基本的には家紋が入っていても問題がないようです。

 

よくレンタルの黒留袖に入れられている五三の桐の紋ならばオールマイティーに着られるため、買取価格にも影響しないでしょう。

 

それ以外の自分の家の家紋が入っていても、最近はシールのような貼り紋というアイテムもあるので、桐の紋と比べると多少買取価格は落ちてしまうかもしれません。
ですが、家紋が入っているから買取不可ということにはなりません。

 

留袖買取先として選ぶならココ!高く売るためのコツは売却先選びです!

留袖,買取

 

家紋が入っている留袖でも基本的に問題なく売れるということが分かりましたが、留袖を高く売る方法として売却先はしっかりと選ぶ必要があります。

 

留袖を売る方法は、リサイクルショップや質屋、オークションなど幾つかあるかと思いますが、一番おすすめはインターネットで申し込める着物買取専門店です。

 

 

家紋が入っていても、入っていなくても留袖を一番高く買取してくれる方法を考えるとなれば、やはり着物に精通した専門の査定員に見て貰うことが出来る着物買取専門店がおすすめです。

 

着物の査定は何よりも専門的な知識と経験が大事です。

 

着物買取専門店ならば留袖の需要や紋についても詳しく、紋の有無にかかわらず買取ってくれる傾向にあります。

 

留袖の知識が豊富であれば、市場価値に見合った正しい評価をしてくれますし、留袖の評価すべきポイントをしっかり把握しているので、一見あまり価値が高くなさそうな無銘の留袖でも思わぬ査定をして貰えたりすることがあります。

 

その他にも、着物買取専門店はリサイクルショップのように幅広いアイテムを取り扱っているお店と比べ、着物に特化した独自の再販ルートを持っていることも、高く買取できる理由となっています。

 

着物買取専門店なら比較査定が簡単にできる!

留袖,買取

 

留袖を高く売る方法として着物買取専門店をおすすめするもう一つの理由は比較査定がしやすいことです。

 

着物買取専門店の多くは、店頭へ持ち込みする買取方法以外にも、「宅配買取」や「出張買取」を設けています。

 

店舗が近くになくても、留袖を直接お店に送る方法や、お店の人に家まで来て貰う方法で査定を受けられます。

 

いずれの方法も面倒な手続きは一切ありませんので、より手軽に留袖を売ることが出来ますよ。

 

査定価格はどの買取方法を採っても同じですので、自分にとって都合のいい方法を選べばいいと思いますが、留袖の場合、デリケートな品なので出来るだけ持ち運ばないほうが賢明だと思われます。

 

なるべくなら、自宅に来て貰える出張買取がおすすめですが、それが難しい場合は着物専用の宅配ボックスを送ってくれる業者を選んで宅配買取をお願いしてみましょう。

 

当サイトでは、留袖を高く売ることができる着物買取業者をご紹介しています。

 

買取業者は数多く存在しますが、そのなかでも評判のよいところを厳選しました。
留袖を売りたいけど、どこの買取業者を選べば分からない・・・という方でも、安心してご利用できるところです。

 

査定は完全無料、査定後に売るのをお断りすることも簡単にできるところなので、ぜひ見積り査定だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

 


留袖の買取相場はどのくらい?

留袖,買取

着物買取専門店における実際の留袖の買取相場は幾らぐらいなのかも気になるところですよね。

 

まず、留袖は大きく分けて「黒留袖」と「色留袖」という二種類の着物があります。

 

どちらも着物の中では一番格が上となる第一礼装で、親族の結婚式など人生の節目の特別な日に着る着物として購入されることが多いです。

 

黒留袖の買取相場について

留袖,買取

黒留袖と色留袖の詳しい説明は他ページでご紹介していますが、この二つの留袖の中で格が高いのは黒留袖です。

 

黒留袖は着物の中でも最も格の高い着物として、五つ紋を入れて既婚女性の第一礼装として着用します。

 

生地には“濱縮緬(はまちりめん)”や“丹後縮緬(たんごちりめん)”などの地模様のない縮緬を用いており、裾に模様が入れられています。

 

もともと品質が高くて値段が高い黒留袖ですが、買取相場には状態などによって幅があります。

 

一般的な状態の黒留袖ですと、おおよそ5000円〜12000円前後での買取相場と言われています。

 

新品で高級品なら25000円〜30000円ほどの査定額になることもあります。

 

ただし人間国宝、伝統工芸士、人気作家の作品などの留袖の買取相場はもっと高く、押田正義(本加賀友禅作家)の本加賀友禅黒留袖が50,000円くらい。

 

東藤岳(加賀友禅伝統工芸士)の本加賀友禅黒留袖が40,000円くらいになるとも言われています。

 

色留袖の買取相場について

留袖,買取

 

これに対して色留袖の買取相場ですが、黒留袖よりは僅かに下がる傾向はあるものの、そこまで大きく変わるということはなさそうです。
つまり、色留袖の買取相場も5000円〜12000円前後ということですね。

 

色留袖は独身女性でも着ることが出来ますし、最近では30代〜40代の既婚女性でも黒留袖よりも華やかな色留袖を選ぶ人も多いということが理由のようです。

 

また黒留袖ほど着用するシーンが限定されないということもあって、需要の高い色留袖に関しては査定額も高額にある傾向があります。

 

人間国宝といわれる合田峰太郎(京繍作家)の総京刺繍色留袖は約30,000円、蒋雪英作(中国の人間名誉国宝)の総相良刺繍色留袖は約30,000円と言われています。

 

色留袖に関しても、未使用品や高級品、有名産地の色留袖の買取相場は当然高くなります。
また、一般的な留袖でも付属の小物や着物と相性の良い帯や帯締めがある場合、セットで査定依頼をすれば高額の買取をしてもらえることもあります。

 

しかし、ここで言う留袖の買取相場はあくまで参考価格であって、黒留袖も色留袖も状態や証紙の有無などによっても査定価格はだいぶ変わってきます。
つまり、実際に査定してもらわないことには具体的な価格は分かりません。

 

プロの目でしっかりと留袖の査定をして貰いたいという方には是非一度、着物買取専門店の無料査定を受けてみてください。


留袖買取は専門店とリサイクルショップ、どちらが高く買い取ってくれる?

留袖,買取

留袖をはじめとして着物の買取で高値買取を実現させるには、売却先を選ぶことが非常に重要です。

 

着物を売る方法はいくつかあって、それぞれの方法にメリットやデメリットがありますが、着物買取で高値買取を狙うということであれば着物買取専門店を選ぶのがおすすめです。

 

おすすめする理由は、着物買取専門店なら留袖などを含む着物全般に精通した査定士が在籍しているので、しっかりとした目利きで着物の価値を最大限に評価してくれるからです。

 

着物買取は専門的な知識や豊富な経験があってこそ正しい査定が出来ます。

 

特に価値の高い人間国宝、伝統工芸士、人気作家などの着物買取は高値買取が期待できます。
ですが、その価値を充分に理解してくれる売却先を選ばないと、せっかく高値がつくような着物であっても安値をつけられて大きく損をしてしまう可能性も出てきてしまいます。

 

また、一見価値のなさそうな古い着物であっても、目利きのあるところに査定して貰えば意外に値段がつくかもしれません。

 

着物の価値は見る人が見ないと分からないことも多いので、専門家に見て貰うことは着物買取で高値買取を実現させる上で非常に重要なのです。

 

リサイクルショップで着物を高く売ることは難しい

留袖,買取

 

着物を売ろうと思ったら、とりあえず身近にあるリサイクルショップなどに持って行くことを考える方も多いかもしれませんが、リサイクルショップでは着物買取で高値買取を実現させることは難しいでしょう。

 

着物以外に、ブランド品、家具、家電、ホビー、食器類、DVDなど、とにかく幅広いアイテムを取り扱っているリサイクルショップは、一度に不用品を全て買取して貰えるという点はとても便利だと思います。
しかし、逆に言ってしまえば一つのアイテムに特化しているわけではないので、着物の正確な買取相場を把握して査定していないところも多いようです。

 

着物の査定は、種類や状態はもちろんのこと、作家や産地、生地、デザイン、色、柄、サイズ、証紙の有無など、さまざまな角度から評価していきます。

 

その点、着物の知識が充分でないリサイクルショップでは、曖昧な査定をされてしまう恐れもあります。

 

着物買取専門店の方が高く売れる理由とは?

留袖,買取

 

着物買取専門店はその名の通り、着物に特化した買取店なので、着物の需要や最新のトレンドなど着物事情にも詳しく、その着物に見合った評価というものをしっかりとしてくれます。

 

また、独自の再販ルートを豊富に確保していることも着物買取で高値買取が実現しやすい理由のひとつです。

 

買取店は買取した着物を再販することで利益を得ていますので、当然売れない着物を買取しても赤字になってしまうばかりです。

 

ですが、着物買取専門店では店頭販売のみならず、海外販路などを持っていることも多いので、たとえばリサイクルショップや古着屋などで断られた紋入りの留袖や少し汚れやキズのある着物であっても、問題なく買取してくれる可能性があります。

 

価値の高い留袖はもちろん、需要がない留袖だと思って、リサイクルショップや古着屋、オークションやフリマアプリで安く手放してしまう前に、まずは着物の専門家に無料で査定して貰ってみてはいかがでしょうか。

 

 

留袖買取の方法は3つ!店頭・宅配・出張から選べます。

留袖,買取

留袖を売る時に利用したい着物買取専門店では、自分の都合に合わせて買取方法を選ぶことができます。

 

主に店頭買取、宅配買取、出張買取と3つの買取方法に対応している買取店が多いです。

 

着物の店頭買取とは

留袖,買取

 

着物の店頭買取とは、お店に売りたい着物を持ち込んで買取をしてもらう方法です。

 

店頭買取の場合は基本的に来店予約などは必要ありませんので、自分の好きなタイミングで着物を売ることが出来るのも店頭買取のメリットです。
近くで用事があるついでに寄るということも可能なので、忙しくて中々先の予定が立てられないという方にも適していますね。

 

自分の好きなタイミングで売りたいということであれば宅配買取も良いと思いますが、高価だったりレアな着物などを売りたい方や、目の前で査定して貰うことにこだわりがある方は店頭買取がベストですね。

 

着物の宅配買取とは

留袖,買取

 

宅配買取とはインターネットで申し込みが出来て、売りたい着物を郵送して査定して貰う方法のこと。
着物の買取方法の中でも人気のある査定方法です。

 

直接お店まで行かなくても、自宅に居ながら簡単に着物を売れるということで、時間の無い方にも適しています。
着物はかさばりますし、重たいので持ち歩くのは大変ですが、宅配買取ならその手間や労力も必要ありませんので、とにかく楽に着物を売りたいという方にもぴったりなのではないでしょうか。
自分の好きなタイミングで出来て、面倒な手続きもなく、どなたでも簡単に利用出来のが宅配買取のメリットです。

 

査定価格に納得できない場合は、無料でキャンセルすることも出来ます。

 

キャンセルということであれば品物を返送してくれますが、この返送料も業者が負担してくれるところもありますので、

 

費用の心配などもなく気軽に査定を依頼することが出来ます。

 

着物の出張買取とは

留袖,買取

 

出張買取とは、自宅まで査定士さんに来てもらい査定をして貰う方法です。

 

家の居間に上がってもらうのが嫌という場合なら、玄関先で査定も行ってもらいことができるので、こちらの方法もけっこう人気がある方法ですね。
業者の中には、申込みの電話の後、最短30分で自宅まで伺います!とスピーディさを売りにしているところもあり、即日で買取してもらいたいという需要も人気の1つのようです。

 

また、大切な着物を送るのは不安があるという方や、目の前で査定して貰いたいという方にも、こちらの方法がおすすめです。
着物はデリケートな素材で出来ていることも多く、出来ればあまり移動させずに劣化を防ぎたいものですが、その点も出張買取なら心配要りません。

 

出張買取の具体的な流れですが、インターネットや電話で申し込みが完了すれば、あとは待つだけで、特別なことは何もしなくて大丈夫です。

 

宅配買取と違って梱包をしなくていいので、更に手間や時間も省けますよね。

 

さらに出張買取なら目の前で一つ一つ査定してくれるので、説明を聞いたり質問しながらしっかりコミュニケーションも取れますし、査定の様子やお店の人の雰囲気なども分かるというメリットもあります。

 

ただし出張買取は、その買取店によって対応している地域が決まっていることがありますので、ご自分の地域が出張対応可能地域かどうか、事前に確認しておきましょう。

 

対応していない場合でも、宅配買取なら全国に対応していますので利用することが出来ます。

 

いずれの買取方法も無料で査定を実施しているところが多いですので、まずは気軽に査定依頼されてみてはいかがでしょうか。


留袖買取の体験談をまとめました。実際の査定額はいくらくらい?

留袖,買取

振袖買取といっても売却先は色々ありますが、体験談からそれぞれの売り方のメリットとデメリットや特徴などを知ることが出来ます。

 

今回は、フリマアプリ、リサイクルショップ、着物買取専門店を利用して留袖を売った方にお話を聞くことができました。

 

自分に合う留袖を売る方法はどれなのか、それぞれの口コミをご覧になってぜひ参考になさって下さい。

 

フリマアプリでの留袖買取体験談

留袖,買取

こちらはフリマアプリ「mercalli(メルカリ)」を利用して留袖を売った方(30代 パート勤務 女性)体験談になります。

 

留袖を売ろうとしたきっかけ

まだ着付けを習い始めたばかりで、あまり知識が備わっていない状態で縮緬を購入しました。
ですが、留袖の種類や時と場に合った着方を学んで普段着にはそぐわないものだと分かり、今後着る機会はあまりないだろうと判断し売却することにしました。

 

なぜフリマアプリで売ろうと思ったのか?

留袖は買う時はとても高価なものですが、売る時は二束三文だとよく聞きます。
特にリサイクルショップや着物買取専門店で売るとなると、結局はあちらの言い値になってしまうので、それなら自分で販売価格を決められて、その価格に納得して買ってくれる人が見つかるといいなと思ったからです。

 

いくらで売れたのか?

2000円で出品しましたが、結局値切られて1700円程で売却しました。
ただし、メルカリは手数料が10%取られることや、送料が出品者負担なので、1700円全てが自分の利益になったわけではありません。

 

今回はメルカリを利用しましたが、ヤフーオークションやラクマ(Rakuma)などを利用すれば、違うお値段になったのかなぁと思ったり・・・。
でも、まぁメルカリは便利でいつも使っているサービスなので、他のアプリを使うのも面倒なんですよね。

 

もう着ることもない留袖だし、それほど未練もありませんので、値段には納得がいかないものの、まぁそれなりに売ることができたかな。

 

リサイクル店での留袖買取体験談

留袖,買取

リサイクル店で留袖を売ったご経験をお持ちの方(60代 専業主婦 女性)に体験談を語っていただきました。

 

留袖を売ろうとしたきっかけ

実家の母親が「終活」で持ち物を整理し始め、その中に留袖や付け下げなどの着物がありました。
残念ながら私にはサイズが合わず、譲り受けることが出来ないので、高齢の母の代わりに売りに行くことにしました。

 

なぜリサイクル店で売ろうと思ったのか?

実家の近くにあったので荷物を運びやすかったことと、全国展開している有名なところで安心感があったこと、また母が相手の顔が見えないネットでの取引を嫌がったためにそのお店を選びました。

 

いくらで売れたのか?

全部で800円程でした。
正直、予想よりも遥かに低い金額でとてもショックでした・・・。
そのお店の規定で、正絹の着物や紬であっても洋服と同じ取扱い基準で価格が決まってしまうので、このような結果になったそうです。

 

着物買取専門店での留袖買取体験談

留袖,買取

着物買取専門店で留袖を売ったご経験をお持ちの方(40代 会社員 男性)に体験談を語っていただきました。

 

留袖を売ろうとしたきっかけ

亡くなった祖母が骨董品と着物を大量に持っており、形見として母と私で持つことにしたのですが、私たちは狭いマンション暮らしなので全て収めることが出来ませんでした。
そこで母と話し合い、その中から選び抜いたものだけを手元に置いておき、他は全て処分することにしました。
ですが、祖母が大事に手入れをしていたのか、とても状態が良いものばかりなので、捨てるのは勿体ないと売却することにしました。

 

なぜ着物買取専門店で売ろうと思ったのか?

振袖、留袖など着物が10着ほどあり、持って行くのは大変だと思ったので、出張買取ができるところを探していました。
出張料や査定料などが無料になるというのも決め手でした。

 

いくらで売れたのか?

10着まとめて55万円で買い取っていただきました。
着物のことはよく分かりませんが、全部で30万円程度かなと思っていたので、予想よりも高く驚きました。
なにより母が喜んでくれて、とても嬉しかったですね。

 

今回はフリマアプリ、リサイクルショップ、着物買取業者をご利用された方の口コミをご紹介しました。
他にも、留袖を売られた体験談が寄せられましたらご報告いたしますね。


留袖とは。黒留袖、色留袖の違いなど。

留袖,買取

黒留袖と色留袖の違いをご存知でしょうか?

 

どちらも着物の格においては第一礼装となる「留袖」と呼ばれる着物の種類で、親族の結婚式や披露宴などで着用する着物です。

 

西洋でいえばイブニングドレスに相当するものですが、イブニングドレスのように時間的な制約はなく、昼夜問わずに着用できます。

 

留袖の歴史は、江戸時代からとされています。

 

その頃は若年者が着る振袖の長い袖を結婚後に短くし、ワキ下の開き部分を縫い留める習慣がありました。

 

このような着物を柄ゆきに関わらず全て「留袖」と呼んでいたようです。
しかし現代では、袖が短く、着物の裾部分におめでたい柄があしらわれている着物のことを「留袖」と呼んでおり、その中でも黒留袖と色留袖という種類があります。
このページでは黒留袖と色留袖について詳しく解説していきたいと思います。

 

黒留袖とは。どんな人が着る着物なの?

留袖,買取

 

黒留袖は、既婚女性のみが着用することが出来る最も格式の高い第一礼装です。
背中と両胸と両袖に計5つの家紋が付いているのが特徴です。

 

生地は、濱縮緬や丹後縮緬などの地模様のない縮緬が用いられ、胸には柄がなく裾模様になっています。
一般的に、裾模様の面積が小さく、模様の位置が低いほど年配の方向けだと言われています。

 

年配の方は、すっきりとして格調高いものを選ばれるといいかもしれません。
若い方は、彩りある色で大きめの柄付けだと華やかです。

 

黒留袖はゲストをお迎えする立場のための装いとされていますので、新郎新婦の母親、祖母、叔母、姉妹など、主役に近い関係の人が着るのが一般的です。
逆に言ってしまうと、友人や知人などの結婚式ヤ披露宴に黒留袖で参列することは非常識とレッテルを貼られる恐れがありますので注意しましょう。

 

色留袖とは。どんな人が着る着物なの?

留袖,買取

 

黒留袖に対して色留袖は、基本的に結婚式において新郎新婦の遠い親戚が着用する着物となります。

 

地色が黒以外の留袖を指し、生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子や緞子、朱子地が用いられる場合もあります。

 

黒留袖と比べると色留袖は、サーモンピンクや明るいグリーンなど、柔らかさや優しさなど女性らしさが引き立つ淡い色地のものが多く、パッと明るい印象を与えます。

 

ただし結婚式や披露宴などのゲストとしてのお呼ばれには色に注意してください。

 

花嫁の披露宴の和装として人気の「色打掛」には、赤・オレンジ・金といった華やかな色がよく使われます。
ですので、ゲストが色留袖を選ぶときは、このような華やかな色を避けて、なるべく柔らかく明るい色を選ぶといいですね。

 

また、白地の着物はマナー違反ではありませんが、やはり「白は花嫁の色」というイメージが強いので、避けたほうが無難です。

 

主役はあくまで花嫁なので、花嫁と着物の色が被ったり、花嫁より目立ったりしないように、気をつけたいところです。

 

留袖を着るときに気をつけたいこと

留袖,買取

 

黒留袖、色留袖共に留袖を着る時のアクセサリーは基本的に髪飾りと結婚指輪以外はつけません

 

着物のアクセサリーとしては、帯締めに通す「帯留」がありますが、結婚式の留袖ではつけないことがマナーです。

 

留袖は格式高い着物なので、あまり華美な雰囲気にならないよう、アクセサリーも必要最低限で抑えることとなっています。

 

紋の数で格式が変わってきます。その場にあった紋の数を選びましょう。

 

着物は入っている「紋」の数が多いほど格式が高くなり、着る人の立場も違ってきます。

 

基本的に、最も格式の高い第一礼装とされている5つ紋のみの黒留袖に対し、色留袖は紋の数で格が違ってきます。
五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格の第一礼装の着物になり、三つ紋、一つ紋は略礼装となります。

 

つまり、ゲストとしての結婚披露宴、パーティーなら三つ紋や一つ紋の色留袖を、親族の立場や叙勲の授賞式などの祝宴は五つ紋の色留袖がふさわしいということになります。

 

着物の格は立場によって、高すぎても低すぎてもマナー違反となりますので、自分の立場を考えてふさわしいものを選びましょう。

 

立ち振舞にも気をつけましょう

留袖,買取

 

また、留袖を着る際は立ち居振る舞いにも気をつけたいところです。

 

せっかく格式高い着物を着ているのですから、それに見合った上品な立ち居振る舞いをしたいですよね。

 

これは留袖だけではなく着物全般に言えることとなりますが、歩く時は裾がはだけてしまわないように「小股・内股」を心掛けます。
車に乗るときはお尻から座るようにして、降りる時は脚から先に降ります。
椅子に座るときは帯が崩れないように、背もたれにもたれず浅く腰かけます。

 

最初は疲れてしまうかもしれませんが、慣れてくれば自然と着物に見合った上品な立ち居振る舞いが出来るようになりますよ^^

 

 

今回は黒留袖と色留袖についていろいろご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

黒留袖と色留袖も、着物の中で一番格の高い第一礼装とされている留袖の仲間であることには間違いありませんが、

 

着る人の立場などによって選ぶ留袖が違ってくるということが分かっていただけたと思います