留袖と小紋の違いとは。高く買取してもらえるのはどっち?

着物には色々な種類がありますが、「留袖」「小紋」がどんなものかわかりづらいという人も多いようです。

 

留袖と小紋は全く違う着物なので、着て行く場所なども違います。
ここでは、そんな留袖と小紋の違いについて、詳しくお話していきます。

 

又、留袖と小紋を売りに出した時の買取相場についても触れていきます。

 

留袖と小紋の違いについて

ではまず、留袖のことについてお話していきたいと思います。

 

留袖とは

留袖は、着物の中でも格が1番高いとされている、女性のフォーマル用の着物です。
「女性のフォーマル用の着物」と言っても、全ての女性が着ることができるわけではありません。

 

留袖は、既婚女性だけが着るフォーマル用の着物だということが、大きな特徴です。

 

よく、結婚式などで、新郎新婦のお母さんが、格調高い黒い着物を着ていたりしますね。
これは、「結婚式」というフォーマルの場だから、新郎新婦の母親が黒い留袖を着て正装しているということなのです。

 

新郎新婦の母親は、「おもてなしをする側」なので、正装しなくてはいけないのですね。
ちなみに、未婚女性の場合は、フォーマルの席では振袖を着ることになっています。

 

留袖には、「黒留袖」「色留袖」の2種類があり、黒留袖の方が格が高いとされています。

 

留袖を広げてみると、吉祥文様の華やかで大きな絵柄が、1枚の絵のようにつながっています。
そして、黒留袖・色留袖共に、自分の家の家紋を1〜5個入れることになっています。
「家紋を入れる」ということからも、留袖がとても格の高い着物であることがわかりますね。

 

そして、帯はフォーマル用の袋帯のみを締めることになっています。

 

小紋とは

では次に、小紋のことについてお話していきたいと思います。

 

小紋とは、普段着の着物で、ちょっとしたお出かけに気軽に着て行くことができます。
留袖と違い、既婚女性でも未婚女性でも着ることができます。

 

小紋は、細かい模様が着物全体にバランスよく散らばっていることが特徴です。
なので、「広げた時に、1枚の絵のように見える」という留袖とは違いますね。

 

そして、豪華で華やかな留袖と違い、どちらかと言うと素朴な色・絵柄が多いです。
又、帯は、カジュアル用の名古屋帯を締め、フォーマル用の袋帯を合わせることはありません。

 

留袖と小紋はどちらが高く買取してもらえる?

では、古い留袖・小紋を売りに出した場合、どちらが高く買い取ってもらえるのでしょうか。

 

これは小紋のほうが留袖よりも高額買取というケースに多いと言えます。
なぜ小紋の方が高額買取なのかと言うと、これには以下の理由が考えられます。

 

留袖の需要が減った

現在の結婚式、披露宴では留袖を着る人が減っています

 

着物を着る時は、着付けなどとても大変ですよね。
ですので、最近では留袖よりもドレスなどを選んで着られる方が圧倒的に多いんだとか。

 

ご年配の方で着物に馴染みがある方でも、年齢を重ねられると、なかなか着付けや身動きが大変だということになり、洋服にする方も多いようです。

 

そのため、買取業者では留袖を買い取っても再販売するための販路が少ないようですね。
需要がなければ、手元に在庫が溜まっていってしまう可能性もあるので、なかなか積極的には留袖を買い取ることはしていないようです。

 

一方で、小紋は普段着として使うことができる着物ですので、需要が多い着物になります。

 

そのため、着物買取サイトでは、留袖よりも小紋、付け下げ、訪問着と言った着物の方を積極的に買い付けているのが現状です。

 

まとめ

留袖は、既婚女性がフォーマルの場で着る、最も格が高い正装用の着物です。

 

小紋は、既婚・未婚問わず、女性なら誰でも着ることができる、普段着の着物です。

 

着て行く場所も、合わせる帯も違うので、留袖と小紋は全く違う着物なのですね。

 

留袖の方が着物としては格が高いものの、需要があまりないため、小紋の方が高く売れる可能性があります。